夫は夫、妻は妻、それぞれの姓のままでいのでは?

婚活アドバイザー

こんばんは!
結婚相談所ピュアウェディング藤井です。

今日は法改正の話です。
夫婦別姓のこと。

「結婚したら同じ姓を名乗る」
今の日本ではそんな決まりがあります。

夫は夫 妻は妻
それぞれの姓のままでいいのでは?
それが夫婦別姓です。

法改正に向けて
議論が進んでいるところです。

賛否が分かれていますが
結婚して姓が変わっても
仕事の場では旧姓で通す女性は
多いのではないでしょうか

仕事相手に対してプライベートな変化を
いちいち告げる必要は有りません

名前が仕事先に浸透して
完全にオフィシャルなものになっている場合
利便性から言っても
新しい姓を名乗るメリットはありません。

一方、仕事がらみでなくても
名前と言うものに
アイデンティティーを感じる人は
姓が変わることに違和感を感じるでしょう。

私が結婚した当時
その頃の慣例として
当然のように姓を変えました。

特に違和感はなかったし
むしろ、人生で二つの姓を得たことを
楽しく感じていました。

今の姓は平凡なよくある名字ですが
旧姓はさらに輪をかけて平凡でしたので
楽しめたのかもしれません。

今ではすっかり自分のものとなり
こよなく愛する名字となり

同姓の藤井聡太君の将棋の勝敗を
他人ごとと思えず
応援してしまうくらいで
日本中の藤井さんにも
エールを送りたいほどです(笑)

小学校高学年のとき、女子のあいだで
好きな男子の名字に自分の名前をつけて
筆箱の裏に書く、という
遊びが流行りました。

まぁ、いわゆる「お嫁さん気分」
ということだったのでしょう。

このような感覚は
恋愛年齢になると
ちょっと笑えないもので

実際、大学のとき同級生の男子が
好きでもない女子のカバンのマスコットに
自分の姓を冠して

彼女の名前が刺繍されているのを見て
困惑して、相談されたことがありました。
たしかにちょっと怖い感じはありますね(笑)

今でも「家」とか「お墓」とかの問題で
姓を守ることを大切にする方もいますし
養子さんを望まれるご家庭もあります。

いわゆる「由緒正しい」お家柄や
代々、田畑を守ってきたお家など
自分の代で先祖が守って来たものを
終わらせるのは申し訳ない、ということでしょう。

たいていは妻が夫の姓を名乗るので
男女平等の立場からや
姓=家ととらえての個人主義の立場から
など昨今の多様性の尊重が
夫婦別姓容認の追い風となっています。

一方で、子どもの姓の問題
英語でファミリーネームと言うように
家族の一体感の問題、などが
現行容認の理由となっています。

社会>家庭>個人
と言う人の暮らしをどう考えて行くのか
この法改正の議論は大切なものなのです。

こう考えると
社会は「結婚」に
大きな期待を持っていることがわかります。

「結婚」したら、と言う前提で
「姓はどうしますか?」と
問いかけているからです。

婚活はパーソナルな活動でありながら
じつは社会活動でもあるのですね。

社会の期待に応えようとしている会員様は
就活をがんばる学生さんのよう。

愛情を持って
しっかりとお支えしたいと思います。

結婚相談所では
お相手紹介はもちろん

あなたの結婚時の不安や
結婚後の不安を一緒に考え
クリアにしていくこともあります。

結婚後の様々なことも
活動中にぜひご相談くださいね。

オンライン婚活相談毎日受付けています。
こちらからご確認ください。

婚活アプリのご相談も受付させていただきます。
ピュアウェディングはペアーズエンゲージ様に
ご紹介いただいてる結婚相談所です。
★大阪の結婚相談所7選

婚活アプリと結婚相談所の違い
しっかり知りたい!!って方は
ぜひ一度LINEでご相談くださいませ。

友だち追加

■1月の入会説明会
■オンライン婚活パーティー
■男の婚活・ハイスぺ婚活
■海外駐在員の婚活
安心のお見合い婚活ルール

関連記事

  1. 鎌江春憲|大阪結婚相談所ピュアウェディング大阪

    結婚資金を貯めずに結婚する方法をお教えします!

  2. IBJブログランキング☆関西で2位になりました!!

  3. コミュニケーションは会話の前から♪